車の買取金額が1日で大きく変わった事例

車の買取金額の変化

以前に車買取を、ある業者に依頼した方がいらっしゃいました。その方は車の価格変動で、相当驚いたそうです。

 

その方はある業者に査定を依頼したところ、査定金額は100万円程度と言われたそうです。顧客としてはその100万円という金額に特に不満はなかったので、その業者に対して売却を依頼しようかと考えていたそうなのです。

 

ところが査定を行った翌日に、顧客に対してショッキングな事実が伝わったそうです。翌日にその顧客に対して、業者は電話したそうです。その時には車価格はダウンする事になったと、伝えられたそうなのです。昨日は100万円と提示したものの、翌日になったら価格が90万円になってしまったと伝えられました。それを聞いた顧客は、もちろん驚いてしまったのですが。わずか1日で、車の価格が10%もダウンしてしまった訳ですね。

 

察するに10%ダウンの理由は、モデルチェンジだと思います。車の価格は、モデルチェンジによって変動するケースがよくあります。新たなタイプの車が登場してしまいますと、車の価格がダウンしてしまう傾向があるそうです。その結果上記のように、わずか1日で価格が大きく下がってしまうケースがある訳ですね。

 

つまり車というのはそれぐらい価格変動が大きなものなのです。それを考えると、車の売却は早めにアクションを起こすのが大事だと思います。わずか1日経過するだけで大きな価格ダウンが起きるとなると、あまりのんびり構えているのも良くないと思います。
ヴェルファイア 買取

 

時期の変化に伴って10%もの価格のダウンが発生する前に、早めに査定を依頼するのが良いのではないでしょうか。自動車の売却を思い立ったら、できるだけ早めに車の査定を依頼するのが賢明だと思いますね。


このページの先頭へ戻る